• ホーム
  • ホルモンバランスを整えるために高校生でもピルを飲むことがあります

ホルモンバランスを整えるために高校生でもピルを飲むことがあります

2019年12月24日

ピルは避妊が目的だけで使用されるわけではなく、ホルモンバランスを整える作用もあります。
ピルに含まれる女性ホルモンを定期的に摂取することで、ホルモンの急激な変化を安定させることが出来るのです。
特に初潮を迎えてから5年程度はホルモンバランスが整いにくいため、月経前症候群が起こりやすかったり、ニキビも出来やすかったりします。
初潮を迎える平均年齢は12歳と言われているので5年程度経過した高校生までは、ホルモンバランスが乱れやすい年齢と言え、避妊目的ではないピルの服用が役立つ年齢と考えられます。
では、高校生が終わったその後は、ピルは役立つことはないのでしょうか。

女性はホルモンの影響を受けやすい身体です。
ホルモンは生活や食生活の乱れ、ストレスなどでバランスを崩しやすく、崩れることで身体に影響を与えることもあります。
具体的な例としては生理が乱れがちになり排卵が上手くいかなかったり、月経前症候群の症状が重くなったりもします。
また肌の乾燥など、肌トラブルも起こりやすくなります。
この様な状態は対人関係や仕事上のストレスが多くなる社会人になってから起こることもあり、ピルはこの時にも役に立つことが出来ます。
ホルモンバランスだけでなく生理周期も整え、排卵を中止するように脳が指令を出すため子宮を休ませることが出来ます。
また妊娠を望んだら服用を中止すれば妊娠も可能な状態に出来ます。

日本では避妊薬の1つとして有名なピルですが、欧米では10代の若い女性でもホルモンバランスを整えるために服用して人が多くいます。
それだけポピュラーな薬でもあるのです。
ピルの購入が恥ずかしいなんて人もいると思いますが、若い頃に特有のニキビや月経前症候群がピルの服用によって症状が軽くなるのならば、生活もより楽しく過ごせるようになるかもしれません。

関連記事
ピルの副作用と飲み方について

ピルの飲み方は、自分での飲み忘れをしにくい時間を設定して、毎日1錠を飲むようにします。服用をすることで脳に、体が妊娠をしていると思い込ませることになります。そのためには体内の女性ホルモン分泌を過剰とさせますので、継続して毎日1錠を飲み、増加したホルモンの状態を保持するします。いつから飲み始めるかです...

2019年09月27日
ピルの飲み間違えがないようにチェックが大切

低用量ピルは避妊目的以外にも、生理不順の改善や生理前症候群などの改善、といったいろいろなメリットがあります。ピルには21日タイプと28日タイプがあるのですが、それぞれで服用の仕方が違います。21日タイプは7日間服用しない期間をとらなければいけないのですが、28日タイプはピル以外にも偽薬を7日間服用す...

2019年11月29日
月経前症候群の緩和や風俗嬢にはピルがおすすめ

ピルは、経口避妊薬ともいい、黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2種類の女性ホルモンを主成分とし、正しく服用することで100パーセントともいわれる程、高い避妊効果を得ることができます。以前は副作用が強いといわれていたこともあるピルですが、最近ではホルモン量が少ない低用量ピルが登場し、副作用も軽くなり、月経前...

2019年11月01日
ピルの服用の必要性とカーマスートラの成分

カーマスートラとは、本来インドなどに伝わる性愛書でホルモンバランスが安定していない女性が読むと個人差はありますがそれだけで安定するようなこともあるようですが、あくまで人によりけりなので本当にホルモンバランスの乱れを改善したいのであればピルの服用をするのが良いといえるでしょう。ホルモンバランスが安定せ...

2019年10月06日
ピルを飲むと粘液の粘性が増加し精液の侵入を防ぐ

高い避妊成功率を誇るピルは、世界中で広く浸透している医薬品で、望まない妊娠をしてしまう危険性を回避するために、多くの女性たちが服用しています。妊娠することにより、心身ともに大きな負担を強いられてしまうのは、性交渉を共に行っていても、男性ではなく女性だけなので、自身が妊娠をするタイミングは自分で決める...

2019年10月03日
ピルは飲み続けると不妊の原因にはなるのか?

ピルは避妊のための薬です。そのため、ずっと飲み続けていると排卵をストップさせていることが原因で不妊になるのではないかと思っている人もいますが、実際はピルを服用することで妊娠しやすくなると言われています。昔の女性は初潮が遅く、さらに何人も子供を産んでいたため妊娠中には卵巣が少しの間休憩できる時間でもあ...

2019年09月30日